美肌のあの人はメイクレベルにあったクレンジング方法を上手に使い分け

毎日同じクレンジングをしていませんか?

メイクをした日は、クレンジングプラス洗顔のダブル洗顔を行っている方も多いと思います。 「メイクの汚れはクレンジングでしか落ちないし、皮脂などの汚れは洗顔料でしか落ちないからダブル洗顔が必要」と 私もどこかで習った気がしますが、軽いメイクでもダブル洗顔は必要なのでしょうか?実は、必ずしも必要ではないんです。

ほとんどの人がどんなメイクをしていようが、毎日同じクレンジング剤と同じ洗顔料で顔を洗っていると思います。 実は、ここに大きな落とし穴が…

軽いメイクならクレンジング剤なしの洗顔だけでもOK

下地とお粉をはたいただけなどの軽いメイクのときは、クレンジング料を使わず、洗顔料だけでOKだと言います。 クレンジング剤の種類にもよりますが、最近は落ちにくいメイクアイテムが多いので、クレンジングの洗浄力もアップしています。 軽いメイクだけなのにダブル洗顔を行うと洗いすぎになってしまい、乾燥などの肌トラブルにつながることがあります。

肌にメイクが残ったりしないの?

「洗顔だけだと落としきれないのでは?」という疑問がわきますよね。 確かに、完璧に落とすためにはクレンジングも行った方がいいのですが、少しくらい肌に残っても害にはなりません。 もちろんフルメイクのまま一晩寝てしまっては問題ですが、お粉くらい少し残っても大丈夫だと言います。 それよりも洗いすぎることによるダメージの方が心配です。 軽いメイクの日は、洗顔も軽く行うくらいでちょうどいいのです。

メイク別クレンジング・洗顔のポイント

ベースメイクもアイメイクもばっちり!しかもウォータープルーフ ⇒ オイルでささっと落とすのがポイント!そのあと洗顔しましょう。
ポイントメイクはばっちりだけど、ベースは薄め ⇒ ポイントメイクのみポイントメイク専用ふき取りクレンジングで落し、あとはミルクタイプのクレンジングで落していきましょう。