使い方さえ間違えなければ肌への負担を抑えられるオイルクレンジング

オイルクレンジング=肌に悪いは勘違い?

落ちにくいメイクもきれいに落としてくれると人気のオイルクレンジングですが、数年前に「オイルクレンジングは肌に悪い」と 言われ始めてから敬遠している方も多いのではないでしょうか。 しかし、オイルクレンジングを正しく使えば肌が乾燥するということはありません。 正しいオイルクレンジングの使い方をご紹介します。

オイルクレンジングがバッシングされていた訳

なぜオイルクレンジングを使うと乾燥すると言われてしまうかというと、オイルは洗浄力がとても高いからです。 そのため、落ちにくいメイクや皮脂汚れもきれいに落としてくれます。 しかし、その洗浄力の高さゆえに使い方を誤ると、肌に必要な水分まで奪ってしまうことがあります。

これは気をつけたい危ないオイルクレンジングの使い方

その誤った使い方とは、乾いた肌にオイルをなじませることです。 オイルを使ってマッサージする人もいますが、これはNGです。オイルを肌になじませすぎると乾燥の原因になります。 そもそも乾いた肌にオイルをなじませても汚れは落ちません。オイルに水を混ぜると白く変化しますよね。 これは乳化という現象なのですが、この乳化によってメイクは落ちます。 つまり、乾いた肌にさっとのばし、水とよくなじませるというのが正しい方法なんです。 この方法さえ守れば、オイルクレンジングを怖がることはありません。 落ちにくいメイクをしているのに洗浄力なマイルドなものを使うと、落ちにくいためにゴシゴシこすってしまい、その方が肌に悪いこともあります。 「オイルクレンジング=乾燥」と敬遠せずに、上手に使いたいですね。