叩くことによる肌への刺激が心配

パッティングは100回以上するといいって本当!?

化粧水をなじませるときに、コットンや手のひらでパンパンと勢いよく肌をパッティングしている方をよく見かけます。 よく「肌にしっかり浸透させるために100回以上パッティングするといい」などと言いますが、本当なのでしょうか?答えはノーです。 確かに肌にのせただけでは浸透しにくいので、軽くパッティングしてなじませることは効果的です。 しかし、100回も行う必要はありません。100回も行ってしまうと、まずコットンの場合は、コットンに含まれている水分が少なくなって 繊維が出てきてしまい、肌にこすれて刺激になることがあります。

手のひらでのパッティングならOK?

手のひらの場合も、何度もパッティングすると刺激になることがありますし、そんなに多くパッティングしていると手のひらに化粧水が浸透してしまってもったいないということもあります。 また、パッティングで肌が引き締まるということもあまり期待できません。

抑えるだけでいい!シンプルな方法が1番!!

おすすめなのは、パッティングよりも、手のひらで包み込むように押さえることです。 パッティングではなくハンドプレスが有効です。手のひらの体温で温めることで浸透がよくなるので、 コットン派の方も、最後に手のひらでプレスすると効果的ですよ。このときもけっして力を入れすぎず、 手のひらで優しく包み込むくらいがちょうどいいです。 一生懸命パッティングしていた方は今までの半分にして、ハンドプレスも取り入れてみませんか?