ほどよいペースでほどよくピーリングすることが大事!

スクラブありなしどっちがお肌へ負担?

スクラブは粒粒の細かい球体が入った洗顔料で、肌の余分な角質をこすり落としてくれる働きがあります。 このこするという動作により肌を傷めるのではないかと思われていますが、正しく使えばそんなことはありませんし、 古い角質を溜めたままにするほうが肌に悪いです。

巡りが悪い生活になりがちな今の女性にはスクラブが欠かせません

肌は通常28日周期で生まれ変わり、古い角質は自然にはがれ落ちる仕組みになっていますが、 冷えやストレス、乾燥などでそのリズムが崩れると、古い角質がそのまま肌に溜まって肌が厚くなってしまいます。 余分な角質が溜まった肌はゴワゴワとしてくすんで見えますし、化粧品が浸透しにくく効きにくい状態にもなってしまいます。 自分の力ではがれなくなった角質をはがしてくれるのがスクラブです。

お肌を傷つけないためのスクラブの使い方

スクラブを使うときは、優しく転がすように洗うようにしましょう。 指の先でゴシゴシこすったりすると、刺激が強くて肌を傷めることになります。 また、商品にもよりますが、大体週に2回程度に留めておくのもポイントです。 生理前などの肌が敏感な時期は避けたほうがいいでしょう。 スクラブの刺激を感じやすい人は、泡立てた洗顔料と混ぜて使うと、使用感がマイルドになってより肌に優しいです。 スクラブを正しく使って、クリアな肌を目指しましょう!