一見キレイに見える逆剃りはお肌には危険

女性の身だしなみとして欠かせない、ムダ毛ケア。 脱毛や脱色など様々な方法がありますが、最も手軽なのがシェイバーやカミソリを使って剃ることだと思います。 そのときに逆剃りしている方も多いのではないでしょうか。 逆剃りはきれいに剃れると言いますが、実はあまりおすすめできる方法ではありません。その理由をご紹介します。

逆剃りとは、毛流れに逆らって剃ることです。 なぜ逆剃りをするときれいに剃れると言われているかというと、逆剃りすると深剃りになるからです。 深く剃るので毛の根元に黒いポツポツが残りにくくなり、仕上がりがきれいだと言われます。 しかし、一時的にきれいに見えたとしても、深剃りは肌にあまりよくありません。 深く剃るとその分、肌の表面にある角質を削ってしまうことになります。

不要な角質を削るだけならいいのですが、削りすぎてしまうと、肌が乾燥する原因になりますし、 乾燥によって毛穴が開いてしまい、ポツポツとした黒ずみができてしまうこともあります。 また、逆剃りすることで肌が刺激を受けて赤くなったり、かゆくなったりすることもありますので、 顔など肌が敏感なところにはとくに逆剃りはおすすめできません。剃るときは毛流れに沿って剃るのがおすすめです。