よくわからない日焼け止めの指数の基礎知識

くすみやシミだけでなく、シワや乾燥の原因にもなる紫外線。
まさに肌にとっていいことなしの紫外線を防ぐために欠かせないのが、日焼け止めです。 日焼け止めを選ぶときの指標になるのが、SPFとPAという2つの基準です。 紫外線にはA波とB波と呼ばれるものがあります。 A波をどれくらい防いでくれるかを示すのがPAで、B波をどれくらい防いでくれるのかを示すのがSPFです。
PAは+の数、SPFは数字で示されます。とくにSPFは数字で示されることもあって目立ちやすく、より重視する人が多い項目です。
肌のためを思って、SPFが高いものを選ぶようにしている方も多いと思いますが、じつは高ければ高いほどいいというわけではないんです。

SPFが高い日焼け止めは乾燥しやすい

SPFが高い日焼け止めに含まれる成分のひとつが乾燥しやすいのです。塗ったあとの手のカサカサ感を感じた経験はありませんか? 真夏のかんかん照りの海では紫外線が多いので必需品です。塗らなければたくさんのメラニンが生成されて、シミの原因に… ただ普通に生活レベルでも高いSPFのものを塗る必要はありません。30程度のものでも充分です。
強い日焼け止めによる乾燥の方がよっぽど肌へは刺激的で、しわなどが心配です。

お出かけ先によって使いわけましょう!

常生活ではSPFは30程度あれば十分と言われています。SPF50のものは、海やプールなどのレジャー時のときのみで大丈夫です。また、ファンデーションやお粉にもSPFが入っているものが多いので、普段メイクするときはそんなに強い日焼け止めは必要ありません。 日常使い用とレジャー用など、日焼け止めを使い分けて、しっかり紫外線をブロックしつつ肌に負担をかけないように過ごしたいですね。